中小企業のための

未払い者
検索システム

NPO法人 通販未払い防止ネットワーク

入会金3,000円 / 月額300

通販での後払いを悪用した全国の未払い者(不払い者・未納者)並びに、代引き拒否者、悪質クレーマー、その他不良顧客等のブラックリストを作成し、ネットショップ同士での情報共有、また警察への情報提出等を行っております。

インターネット通販にて故意に商品代金を支払わない場合、それがたとえ少額であろうと、詐欺罪(刑法第246条)が適用されます。このような罰を受けることを知ってか知らずか、インターネット通販において購入者が商品代金を支払わないという悪質な事例が後を絶ちません。

ネットショップ運営者の皆様、インターネット通販の『代金後払い』というリスクを負うのは仕方がないと諦めてはいませんか?『故意に代金を支払わない』=「詐欺罪」を許す社会であってはいけません。

私たちは代金未払い者のリストを共有・情報交換することにより、できるだけ被害者を出さないようにとの思いから、当法人発足に到りました。

詐欺罪(刑法第246条)
  1. 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
  2. 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

当会に寄せられた全国の未払い者情報を、氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどで検索できるシステムを提供します。
また、未払い者対策の総まとめ《虎の巻》の提供や、被害に合われた場合に適切なアドバイスを行います。

入会申込み

インターネット通販で未払い等の被害に遭ってしまったネットショップオーナー、運営者、管理者の皆様、情報をお寄せください。
常習者に関しましては当法人が被害状況をとりまとめ、事件化または逮捕できるよう協力いたします。

未払い者の通報

お知らせ

2016年05月01日
ウェブサイトをリニューアルしました。未払い被害のことをもっと知って頂けるよう分かりやすいサイトを目指します。
また、ウェブサイト全体をSSLで暗号化し、安全に通信できるようにしました。万が一、第三者に盗聴・傍受されても、中身を解読することができません。
2016年04月16日
当会が取材協力した番組が放送されました。
日本テレビ【news every.】(04/15 18:30 関東ローカル)
インターネットショップの悪い客 ~勝手に商品をうりとばす人物~ 関連ページ
2015年11月28日
当会が取材協力した番組が放送されました。
TBSテレビ 【Nスタ】(11/27 18:00 関東ローカル)
<マルトク特命取材班>通販未払いトラブルを追う! 関連ページ
2015年04月10日
未払い者検索システムが、未払者情報・注文履歴などを暗号化して安全に送信できるようSSLに対応しました。万が一、第三者に盗聴・傍受されても、中身を解読することができません。
2014年09月11日
当法人が朝日新聞に紹介されました。 関連ページ

もっと見る

ネット通販に関するニュース

空き部屋を悪用 不正購入、配達させて転売・・・警視庁サイバー犯罪対策課 25歳中国留学生を逮捕

 他人のクレジットカード情報を使い購入した商品を空き部屋に配達させ受け取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は12日、中国籍で東京都台東区西浅草2の留学生、周正文容疑者(25)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。中国人向けインターネット掲示板で募った受け取り役を介して入手した商品を転売し、現金化していたとみられる。同課は、中国人グループが商品の購入役など役割を分担して窃盗を繰り返したとみて解明を進める。

 逮捕容疑は昨年12月~今年1月、不正に入手した他人のクレジットカード情報を使用し、ショッピングサイトで腕時計などを注文。東京都文京区などのアパートの空き部屋に配達させ、受け取ったとしている。同課によると「弁護士が来てから話す」と認否を留保しているという。

 同課は昨年12月、ネット空間の犯罪を監視するサイバーパトロールでネット掲示板に「受け取り役募集」との書き込みを発見。発信元などを捜査し、周容疑者と受け取り役の中国人留学生の少年(19)=窃盗容疑などで逮捕=が事件に関与している疑いを強めた。

 周容疑者は少年に1回7000円の報酬を約束して少なくとも5回、商品を空き部屋で受け取るよう指示。空き部屋の鍵は大半がボタンを押して暗証番号を入力するタイプで、少年は周容疑者から番号を聞いて室内に侵入し、住人のふりをして荷物を受け取ったという。周容疑者は少なくとも昨年12月~今年3月に同様の窃盗を約60件繰り返し、被害総額は200万円に上るとみられる。カード情報や空き部屋に関する情報は、仲間が何らかの方法で入手したとみられる。

【不動産業者から解錠番号情報などが漏えいか】
 今回の事件のように、空き部屋が不正に購入した商品の受取先にされるだけではなく、オレオレ詐欺など特殊詐欺の現金の受取場所にされるケースも目立つ。犯行グループはなぜ空き部屋に入り込むことができたのか。捜査関係者は「不動産業者から解錠番号などの情報が漏えいしている可能性が高い」と指摘する。

 東京都内の不動産業者によると、アパートやマンションの空室情報は多くの業者間で共有されている。業者は物件を見たいという客に対応するため、事前に鍵の隠し場所や解錠番号を知らされることは珍しくなく、ある業者は「情報を悪用しようと思えばいくらでもできる」と言う。

 賃貸住宅のオーナーらで作る「全国賃貸住宅経営者協会連合会」(東京都)の担当者は「犯行グループが物件を内覧するふりをして、解錠番号などを盗み見るケースも想定できるが、意図的に流出させる悪質業者がいる可能性も否定できない」として大家や宅建業者に注意を呼び掛けている。【斎川瞳】
毎日新聞 2016年07月12日

「おにぎりから毛」嘘クレームで詐欺未遂容疑 京都の無職男逮捕

「おにぎりから毛が出てきた」などと嘘の苦情を言い、賠償金名目で食品会社から金をだまし取ろうとしたとして、京都府警伏見署は6日、詐欺未遂容疑で、京都市伏見区内の無職の男(53)を逮捕した。
同署によると、容疑を認めているという。
逮捕容疑は4月13日、三重県桑名市にある食品会社の工場に「昨日買ったおにぎりの中から毛が出てきた」「毛を食べて体調が悪くなった。薬代がかかった」などと嘘の苦情をいい、現金約6千円をだまし取ろうとしたとしている。
同日午後9時ごろ、対応のため男の自宅を訪れた同社の社員が不審に思い、現金を支払わず、同署に通報した。
4月以降、同署には同様の手口による被害の相談が2件寄せられているといい、関連を調べている。
産経新聞 2016年05月06日

もっと見る