中小企業のための

未払い者
共有システム

NPO法人 通販未払い防止ネットワーク

入会金3,000円 / 月額300

通販での後払いを悪用した全国の未払い者(不払い者・未納者)並びに、代引き拒否者、悪質クレーマー、その他不良顧客等のブラックリストを作成し、ネットショップ同士での情報共有、また警察への情報提出等を行っております。

インターネット通販にて故意に商品代金を支払わない場合、それがたとえ少額であろうと、詐欺罪(刑法第246条)が適用されます。このような罰を受けることを知ってか知らずか、インターネット通販において購入者が商品代金を支払わないという悪質な事例が後を絶ちません。

ネットショップ運営者の皆様、インターネット通販の『代金後払い』というリスクを負うのは仕方がないと諦めてはいませんか?『故意に代金を支払わない』=「詐欺罪」を許す社会であってはいけません。

私たちは代金未払い者のリストを共有・情報交換することにより、できるだけ被害者を出さないようにとの思いから、当法人発足に到りました。

詐欺罪(刑法第246条)
  1. 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
  2. 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

当会に寄せられた全国の未払い者情報を、氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどで検索できるシステムを提供します。
また、未払い者対策の総まとめ《虎の巻》の提供や、被害に合われた場合に適切なアドバイスを行います。

入会申込み

インターネット通販で未払い等の被害に遭ってしまったネットショップオーナー、運営者、管理者の皆様、情報をお寄せください。
常習者に関しましては当法人が被害状況をとりまとめ、事件化または逮捕できるよう協力いたします。

未払い者の通報

お知らせ

2017年03月16日
当会が取材協力した番組が放送されました。
日本テレビ【悪い奴らは許さない!直撃!怒りの告発スペシャル】(03/15 19:00 全国ネット)
インターネットショップの悪い客 ~被害400万円 逮捕までの全て~ 関連ページ
2016年05月01日
ウェブサイトをリニューアルしました。未払い被害のことをもっと知って頂けるよう分かりやすいサイトを目指します。
また、ウェブサイト全体をSSLで暗号化し、安全に通信できるようにしました。万が一、第三者に盗聴・傍受されても、中身を解読することができません。
2016年04月16日
当会が取材協力した番組が放送されました。
日本テレビ【news every.】(04/15 18:30 関東ローカル)
インターネットショップの悪い客 ~勝手に商品をうりとばす人物~ 関連ページ
2015年11月28日
当会が取材協力した番組が放送されました。
TBSテレビ 【Nスタ】(11/27 18:00 関東ローカル)
<マルトク特命取材班>通販未払いトラブルを追う! 関連ページ
2015年04月10日
未払い者検索システムが、未払者情報・注文履歴などを暗号化して安全に送信できるようSSLに対応しました。万が一、第三者に盗聴・傍受されても、通信内容を解読することができません。

もっと見る

ネット通販に関するニュース

家電製品の“受け子”逮捕で感謝状、きっかけは配送業者「不審に」

不正に購入したとみられる家電製品を受け取るため、マンションの空き部屋に侵入したとして警視庁は中国籍の男を逮捕し、逮捕のきっかけとなった宅配会社の営業所に感謝状を贈りました。

邸宅侵入の疑いで逮捕されたのは中国籍の短大生・姜風容疑者(32)で、他人宛に届けられたパソコンなどの家電製品7点、32万円相当を受け取るため、28日、東京・町田市のマンションの空き部屋に侵入した疑いがもたれています。

荷物を配送した担当者が、空き部屋なのを不審に思い警視庁に通報したことから逮捕に繋がったということで、町田警察署が感謝状を贈りました。

「空室情報を確認すると空室であった。間違いなく取り込み詐欺事案であろうと。似たような事案があればどんどん警察のほうに情報提供して、こういった事案が発生しないようにしていきたい」(佐川急便町田営業所 安井聡所長)

家電製品は他人のクレジットカード番号で購入されたものとみられ、姜容疑者は容疑を認め、「中国人の友達に荷物を受け取るよう頼まれた」と供述しているということです。
TBS NEWS 2019年05月30日

ネット通販業界では"モンスター返品"が増えて問題に

・ケースに入ったDVDが・・・ダンボールの切れ端に
・一眼レフのカメラが・・・お弁当箱に、中にはバランと石が詰められている
これはインターネット通販で販売した商品が返品されてきた際、商品がすり替わっていたという事例の数々。
ネット通販が右肩上がりで増えるなか、新たなトラブルも増え続けている。

今、ネット通販業界では"モンスター返品"が増えて問題になっています。
今ネット上などで話題となっているのが、通販で購入した商品をあり得ない理由で返品する"モンスター返品者"が増えているという。
その実態をとくダネ!は緊急取材。すると自らもモンスター返品者だという人から実際に話を聞くことができた。

通販を利用する頻度は?
男性(20代)「だいたい季節の変わり目とかで、月に2-3回とか3-4回とかですね」
シーズンごとに何着くらい購入されたんですか?
男性(20代)「20-30着くらいですかね」

多きときは一度におよそ10万円分の衣装などを通販で購入していたというこちらの男性
その購入履歴を見せてもらうと・・・
・およそ15,000円のシャツ、キャンセル。
・およそ20,000円のジャケット、キャンセル。
・およそ20,000円のコート、キャンセル。
購入した商品のほとんどをキャンセルしていた。
男性は一時期、購入した商品のうち、9割近くを返品していて、返品した商品の合計額は250万円にものぼるという。

■店での試着と一緒?
男性(20代)「ただ切着る時間はお店よりゆっくり着られたりするので、少し他の服と一緒に着たり歩いたりとかできるので」
■今も返品されているんですか?
男性(20代)「今はしていないです。周りの人に言われたり、自分でもあんまりいいことじゃないなっていうのは思っていたので」

一方こちらの女性は
女性(20代)「大学入学したてでダンスサークルに入って一発目のイベントが6月くらいにあったんですけど、(衣装を)いざ買うってなったときにお金が足りないってなってしまって、ちょっとこれを返品したらなんとか資金繰りができるんじゃないかって思って」

なんと当初から返品するつもりで25,000円ほどのカーキ色のズボンを購入し、ダンスの発表会に出場。彼女は流れるような素早い脚さばきが魅力のハウスダンスなどを数十分にわたり踊ったという

■タグはどうされていたんですか?
女性(20代)「紙のタグとがが多いので肌に直接触れないように上のトップスをインして、ふにゃふにゃにならないようにしたりとか」

発表会から数日、女性はズボンを返品した

女性(20代)「淡々と処理をされていたので、あまり疑われるっていうこともなかったです」

汗ばんだ自覚はあるが、洗濯などはしなかったという。

女性(20代)「そのときは必死だったので、そういうことを全然考えられずにやってしまったんですけど、後々モラル的にもこれはやっちゃだめなんだなと思ってやめました」

モンスター返品者は海の向こうの中国でも問題に

広大な景色をバックに写真に写る一人の女性
この女性はネット通販で衣類を18着、日本円でおよそ76,000円分を購入した。しかし10日後

ネット通販で衣類を18着購入した女性「好みではない」

購入した衣類18着全てを返品したのだ。
しかし大量の返品を怪しんだ店側が、女性のSNSをチェックしてみると・・・
発見したのは(商品を着て)旅行を満喫する女性の写真。店側が女性にそのことを指摘したが、女性は返品に応じるべきだと主張。
最終的には店側が全ての返品に応じ全額返金。戻ってきた服は処分したという。

日本でもこうした"モンスター返品者"により、売り手側の企業は大きな影響を受けている。

帽子のネット通販を行うこちらの企業、返品されてきた帽子が購入者へ送った時と同じ状態であることは極めて少ないという。

帽子のネット通販担当者「穴とか傷が分かりやすく多いですね。汚れもたまにあります。完全にかぶった皮脂が内側にびっしりついていたりとか、そういうのはあります」

このような"モンスター返品者"への対策はあるのだろうか。

■過去に問題のあった客の情報などは?
帽子のネット通販担当者「全部控えています」
■そういった人から注文があると?
帽子のネット通販担当者「お断りしちゃいます」

返品を受け付けないなどの"強硬策"に出ることはないのだろうか

帽子のネット通販担当者「試してみたいというお客さまもいらっしゃると思うので、そういう方の購入を止めるのも嫌だなっていうのはあります」

さらに取材を進めると、売り手側の好意を踏みにじるような、より悪質な返品行為の実態が浮かび上がってきた。

※VTR部分のみ文字起こし
フジテレビ 2019年05月21日

もっと見る