中小企業のための

未払い者
共有システム

NPO法人 通販未払い防止ネットワーク

入会金3,000円 / 月額300

通販での後払いを悪用した全国の未払い者(不払い者・未納者)並びに、代引き拒否者、悪質クレーマー、その他不良顧客等のブラックリストを作成し、ネットショップ同士での情報共有、また警察への情報提出等を行っております。

インターネット通販にて故意に商品代金を支払わない場合、それがたとえ少額であろうと、詐欺罪(刑法第246条)が適用されます。このような罰を受けることを知ってか知らずか、インターネット通販において購入者が商品代金を支払わないという悪質な事例が後を絶ちません。

ネットショップ運営者の皆様、インターネット通販の『代金後払い』というリスクを負うのは仕方がないと諦めてはいませんか?『故意に代金を支払わない』=「詐欺罪」を許す社会であってはいけません。

私たちは代金未払い者のリストを共有・情報交換することにより、できるだけ被害者を出さないようにとの思いから、当法人発足に到りました。

詐欺罪(刑法第246条)
  1. 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
  2. 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

当会に寄せられた全国の未払い者情報を、氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどで検索できるシステムを提供します。
また、未払い者対策の総まとめ《虎の巻》の提供や、被害に合われた場合に適切なアドバイスを行います。

入会申込み

インターネット通販で未払い等の被害に遭ってしまったネットショップオーナー、運営者、管理者の皆様、情報をお寄せください。
常習者に関しましては当法人が被害状況をとりまとめ、事件化または逮捕できるよう協力いたします。

未払い者の通報

お知らせ

2017年03月16日
当会が取材協力した番組が放送されました。
日本テレビ【悪い奴らは許さない!直撃!怒りの告発スペシャル】(03/15 19:00 全国ネット)
インターネットショップの悪い客 ~被害400万円 逮捕までの全て~ 関連ページ
2016年05月01日
ウェブサイトをリニューアルしました。未払い被害のことをもっと知って頂けるよう分かりやすいサイトを目指します。
また、ウェブサイト全体をSSLで暗号化し、安全に通信できるようにしました。万が一、第三者に盗聴・傍受されても、中身を解読することができません。
2016年04月16日
当会が取材協力した番組が放送されました。
日本テレビ【news every.】(04/15 18:30 関東ローカル)
インターネットショップの悪い客 ~勝手に商品をうりとばす人物~ 関連ページ
2015年11月28日
当会が取材協力した番組が放送されました。
TBSテレビ 【Nスタ】(11/27 18:00 関東ローカル)
<マルトク特命取材班>通販未払いトラブルを追う! 関連ページ
2015年04月10日
未払い者検索システムが、未払者情報・注文履歴などを暗号化して安全に送信できるようSSLに対応しました。万が一、第三者に盗聴・傍受されても、通信内容を解読することができません。

もっと見る

ネット通販に関するニュース

「民泊に納入」偽り取り込み詐欺 男4人逮捕、被害1億円か 警視庁

「民泊に納入する」などと偽り、業者から電化製品や食材をだまし取ったとして、警視庁は詐欺の疑いで職業不詳、塚本勉容疑者(76)=東京都江東区=ら男4人を逮捕した。商品を転売して現金化していたといい、全国の約30社から少なくとも計約1億円相当の商品を詐取したとみられる。

逮捕容疑は、令和元年9~11月、東京や茨城の3社に「開業予定の民泊に(商品を)卸す」などと噓を言って、冷凍の海産物数トンや卵数百キロ、脱臭機十数台の計約2400万円相当の商品を詐取したとされる。

塚本容疑者は指示役で、他の3人が業者に電話をかけていたとみられる。東京都台東区の偽の事務所で商談をするなどして相手を信用させていたという。
産経新聞 2021年06月17日

【独自】カタールの銀行発行プリカ、残高ゼロでも買い物可能…国内で3億円被害

容疑のスリランカ人 相次ぎ逮捕
中東・カタールの銀行が発行したプリペイドカード(プリカ)を悪用し、商品をだまし取る詐欺事件が日本国内で相次ぎ、約3億円の被害が確認されていることが捜査関係者への取材でわかった。決済端末の設定によっては入金残高ゼロでも買い物が可能で、警視庁などが捜査を進めている。

◆分割購入40回
「貴金属をグラム単位で購入したい」。今年2月、札幌市の質店を訪れた男3人組は、こう言ってカードを差し出した。

男性店長は「おかしな客だった」と振り返るが、表面にICチップや国際ブランドのロゴがあり、決済端末に通しても異常がなかったため、金のネックレスや指輪など計5点を販売した。代金計約56万円は1万数千円ずつに分割し、計約40回、端末にカードを通した。

数日後、店に決済代行会社から「残高のないプリカが使われた」と連絡があった。通報を受けた北海道警は、千葉県と栃木県に住むスリランカ国籍の20~30歳代の3人を札幌市のビジネスホテルで発見し、詐欺容疑で逮捕。札幌地検がこのうち2人を起訴した。

男らは道内をレンタカーで回っており、道警は、同じプリカで複数の店から貴金属やブランド服、釣り具など計約200万円相当の商品を詐取したとみている。

◆季節労働者
プリカの発行元はカタールの銀行で、同じ手口の詐欺は2019年頃から日本国内で確認されている。これまで30枚以上が使われ、昨年5月以降だけで、被害が計約3億円に上っている。

警視庁は、東京都内の家電販売店で商品(計約145万円相当)を不正購入したなどとして、容疑者2人を詐欺容疑などで逮捕。愛知県警などが摘発した事件を含め、スリランカ人の男女11人が逮捕されている。

互いの関係性は不明だが、プリカの大半は、カタールで季節労働をしていた別のスリランカ人が以前使っていたものだった。カタールの企業は、銀行口座を持たない外国人労働者に対し、プリカに入金する形で給料を支払うことが多いという。警視庁は、カタールでの出稼ぎを終えて帰国したスリランカ人のプリカが、詐欺グループに渡ったとみて調べている。
読売新聞 2021年06月11日

もっと見る