未払い者とは

未払い者とはどんな相手の事を言うのでしょうか。まず、未払いが発生する理由として次のようなことがあげられます。

  1. 支払うのをうっかり忘れていた
  2. カード等で振り込んだつもりでいた
  3. 振込先がわからなくなった
  4. 意図的に払わない

1~3に関しては悪意のある相手ではないので、未払い者と言えどもここでは取り上げません。
問題は4です。何が《意図的》かという判断は難しいのですが、以下のような事実が2つ以上あれば《意図的な未払い者》の可能性が高いです。

  • 電話が使われていない
  • 電話を何度掛けても出ない
  • 留守電に伝言を入れても返事がない
  • 電話を掛けたら切られた

  • 催促メールが宛先不明で戻って来る
  • 催促メールに対し全く反応がない

  • 払うと言うがいつまでたっても支払わない
  • 代金の一部だけを支払う
  • 支払ったと嘘をつく
  • 商品にクレームをつけ支払いを拒否する

一回目の「催促メール」を送ります。

商品代金お振込みのお願い
○○○○ 様

平素より、当店をお引き立ていただき厚く御礼申し上げます。

平成○○年○月○日に納入いたしました商品代金のご入金確認ができておりません。
お約束の支払い期日が過ぎておりますので、至急ご入金下さいますようお願い申し上げます。
万一、本メールと行き違いにお支払いがお済みの際は、悪しからずご容赦ください。

[注文内容]

[支払い金額(内訳)]

[振込先]

[ショップ名、連絡先等]

二回目の「催促メール」を送ります。

商品代金のご請求
○○○○ 様

取り急ぎ用件のみ申し上げます。
平成○○年○月○日に納入いたしました商品代金が未納になっております。
この代金につきまして○月○日までにお支払いいただけるようお願いいたします。

万一、○月○日までにお支払いが出来ない場合には、一度下記メールアドレスまでご連絡ください。
メールアドレス:sample@example.co.jp

[注文内容]

[支払い金額(内訳)]

[振込先]

[ショップ名、連絡先等]
  • ここまでのあいだに電話が繋がれば、直接電話で支払いの催促をします。
  • 留守電の場合は『至急ご入金ください』等のメッセージを残します。
  • メール、電話での連絡がとれない場合は、手紙又はFAXを送ります。

三回目の「督促メール」を送ります。

督促状
○○○○ 様

取り急ぎ用件のみ申し上げます。
再三の請求にもかかわらず、平成○○年○月○日に納入いたしました商品代金が、未だ支払われておりません。
この代金につきまして○月○日までに必ずご入金下さいますようお願い申し上げます。

もしご連絡のないままにお支払いいただけない場合には、残念ではございますが、
然るべき手段をとらざるをえませんので、よろしくご承知おきくださいますようあらかじめ申し添えます。

[注文内容]

[支払い金額(内訳)]

[振込先]

[ショップ名、連絡先等]

万一、本メールと行き違いにお支払いがお済みの際は、悪しからずご容赦ください。

他の文例

尚、もしご連絡のないままにお支払いいただけない場合には、警察、通販未払い防止ネットワーク等への情報提供を行うものとします。
  • 少額訴訟などを起こす予定があれば、文言に付け加えます。
  • メールを出すタイミングや支払い期限は曜日等を考慮しましょう。
  1. 内容証明を送る。

    内容証明郵便について

  2. 督促状を送る。

    督促手続オンラインシステム

  3. 少額訴訟を起こす。

    少額訴訟 - 裁判所

  4. 警察に被害届を出す。

    都道府県警察- 警察庁

  5. NPO法人 通販未払い防止ネットワークに情報を提供する。

    未払い者の通報

どのような方法がベストなのかは相手によりますので、よく考えて対処してください。また、あとあとの為に、未払い者への対応履歴を時系列順に書き出しておくことをお薦めします。
尚、会員の方には上記について、より詳細なアドバイスなどを行っています。

被害届を受理しても捜査するかどうかは警察管内の判断である為、より一層の進展を強く望むのであれば公安委員会に対し苦情を申し立てることができます。

苦情とは
警察職員が職務執行において違法、不当な行為をしたり、なすべきことをしなかったことにより何らかの不利益を受けたとして個別具体的にその是正を求める不服、 警察職員の不適切な執務に対する不平不満をいいます。

苦情申出の方法は各都道府県公安委員会のページをご覧ください。

都道府県公安委員会リンク集