ニュース

契約のルール変わります…120年ぶり民法抜本改正ネット取引に対応、認知症高齢者は無効 New

契約のルールを明確化する改正民法が26日、参院本会議で可決、成立した。取引条件を示した「約款(やっかん)」に関する規定の新設などが柱。契約に関する規定の大半は明治29(1896)年の民法制定から変わっておらず、約120年ぶりの抜本改正となる。
周知のため施行は約3年後となる見通し。改正法では、約款が消費者が一方的に不利になる内容であれば無効となる。また、第三者の個人が企業向け融資の保証人になる際、公証人による意思確認を義務付けた。
未払い金の消滅時効を原則「請求できると知ったときから5年」に統一することや、認知症の高齢者など判断能力がない人が結んだ契約は無効と明記することなども盛り込まれている。

◇◇◇◇

契約のルールが大きく変わることになった。今回の改正は、インターネット取引の普及といった社会の変化に対応しつつ、判例などで定着したルールを条文に明記し、国民に分かりやすい法律にするのが狙いだ。(滝口亜希)

■同意ボタンで成立
改正の柱の一つが、約款に関するルールの新設だ。
「お試し価格500円の健康食品を注文したら定期購入になっていた」。国民生活センターにはネット取引をめぐる相談が多数寄せられている。商品を購入する際などに表示される取引条件が約款だが、小さな文字で書かれていて「注文時に気付かなかった」という声も少なくない。
これまでの民法には約款に関する規定がなかった。改正法では、ネット取引の「同意する」ボタンを押すなどして消費者が合意した場合や、契約内容として事前に約款が示されていた場合には、消費者が内容を理解していなくても約款が有効であると明確化する。
ただし、消費者に一方的に不利な契約内容は無効となることも明記し、消費者保護にも配慮した形だ。


■ツケの「時効」延長
未払い金や滞納金が請求できる期間を定めた消滅時効は業種ごとにばらばらだったが、統一される。
たとえば、スナック経営者が客にツケの支払いを求めるケース。現行法は飲食費の消滅時効を1年と定めているため、それを過ぎると、経営者が支払いを求める権利は消滅してしまう。
消滅時効は、飲食費は1年▽電気料金は2年▽病院の診療費は3年-と、業種ごとに設定され、「どの時効が適用されるか分かりにくい」との指摘があった。
改正法では、原則として「請求権できると知ったときから5年」とし、知らない場合も「権利を行使することができるときから10年」とする。改正で、スナック経営者は支払いを請求できる期間が延びることになる。

■敷金は原則返還に
部屋を借りた際の敷金の返還についてもルールが明確化される。国民生活センターによると、敷金や退去時の原状回復費用などをめぐり各地の消費生活センターに寄せられた相談件数はここ数年、1万3千~1万4千件台で推移している。
改正法は賃貸借の終了時に家主は敷金から未払い賃料などを差し引いた額を返還しなければならない、と明記。借り主は原状回復義務を負うが、通常の生活で生じた傷や経年劣化については修繕費を負担する義務はない、としている。
改正項目は約200に及ぶ。全国消費生活相談員協会の増田悦子専務理事は約款について「高齢者のネット利用が増えていることもあり、事業者側は約款を大きい文字で分かりやすく表示すべきだ。消費者もより注意を払う必要がある」と指摘。消滅時効については「時効が長くなるケースもあり、不正請求などに遭わないために領収書を保管しておくと良い」としている。
2017年05月26日 産経新聞

楽天、警視庁へ情報提供 ネット通販の詐欺防止で

楽天は30日、ネット通販サイト「楽天市場」でのクレジットカードの不正利用による詐欺などを防ぐため、警視庁への情報提供を開始したと発表した。警視庁と協定を結んだ。

ネット通販ではカードを不正利用して購入した商品を空き家などに配達させ、転売する詐欺が横行している。楽天は購入情報をもとに犯罪との関連が疑われる利用者や配達先の住所などを毎月、警視庁に提供する。過去の被害情報もデータベース化し、詐欺の防止につなげる。

楽天はこれまで、不動産情報サイトの運営会社などと連携し、空き家への商品配送を防ぐ取り組みも進めてきた。
2017年01月30日 共同通信

空き部屋を悪用 不正購入、配達させて転売・・・警視庁サイバー犯罪対策課 25歳中国留学生を逮捕

他人のクレジットカード情報を使い購入した商品を空き部屋に配達させ受け取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課は12日、中国籍で東京都台東区西浅草2の留学生、周正文容疑者(25)を窃盗容疑で逮捕したと発表した。中国人向けインターネット掲示板で募った受け取り役を介して入手した商品を転売し、現金化していたとみられる。同課は、中国人グループが商品の購入役など役割を分担して窃盗を繰り返したとみて解明を進める。

逮捕容疑は昨年12月~今年1月、不正に入手した他人のクレジットカード情報を使用し、ショッピングサイトで腕時計などを注文。東京都文京区などのアパートの空き部屋に配達させ、受け取ったとしている。同課によると「弁護士が来てから話す」と認否を留保しているという。

同課は昨年12月、ネット空間の犯罪を監視するサイバーパトロールでネット掲示板に「受け取り役募集」との書き込みを発見。発信元などを捜査し、周容疑者と受け取り役の中国人留学生の少年(19)=窃盗容疑などで逮捕=が事件に関与している疑いを強めた。

周容疑者は少年に1回7000円の報酬を約束して少なくとも5回、商品を空き部屋で受け取るよう指示。空き部屋の鍵は大半がボタンを押して暗証番号を入力するタイプで、少年は周容疑者から番号を聞いて室内に侵入し、住人のふりをして荷物を受け取ったという。周容疑者は少なくとも昨年12月~今年3月に同様の窃盗を約60件繰り返し、被害総額は200万円に上るとみられる。カード情報や空き部屋に関する情報は、仲間が何らかの方法で入手したとみられる。

【不動産業者から解錠番号情報などが漏えいか】
今回の事件のように、空き部屋が不正に購入した商品の受取先にされるだけではなく、オレオレ詐欺など特殊詐欺の現金の受取場所にされるケースも目立つ。犯行グループはなぜ空き部屋に入り込むことができたのか。捜査関係者は「不動産業者から解錠番号などの情報が漏えいしている可能性が高い」と指摘する。

東京都内の不動産業者によると、アパートやマンションの空室情報は多くの業者間で共有されている。業者は物件を見たいという客に対応するため、事前に鍵の隠し場所や解錠番号を知らされることは珍しくなく、ある業者は「情報を悪用しようと思えばいくらでもできる」と言う。

賃貸住宅のオーナーらで作る「全国賃貸住宅経営者協会連合会」(東京都)の担当者は「犯行グループが物件を内覧するふりをして、解錠番号などを盗み見るケースも想定できるが、意図的に流出させる悪質業者がいる可能性も否定できない」として大家や宅建業者に注意を呼び掛けている。【斎川瞳】
2016年07月12日 毎日新聞

「おにぎりから毛」嘘クレームで詐欺未遂容疑 京都の無職男逮捕

「おにぎりから毛が出てきた」などと嘘の苦情を言い、賠償金名目で食品会社から金をだまし取ろうとしたとして、京都府警伏見署は6日、詐欺未遂容疑で、京都市伏見区内の無職の男(53)を逮捕した。
同署によると、容疑を認めているという。
逮捕容疑は4月13日、三重県桑名市にある食品会社の工場に「昨日買ったおにぎりの中から毛が出てきた」「毛を食べて体調が悪くなった。薬代がかかった」などと嘘の苦情をいい、現金約6千円をだまし取ろうとしたとしている。
同日午後9時ごろ、対応のため男の自宅を訪れた同社の社員が不審に思い、現金を支払わず、同署に通報した。
4月以降、同署には同様の手口による被害の相談が2件寄せられているといい、関連を調べている。
2016年05月06日 産経新聞

他人のクレカ情報でネット通販容疑、中国人3人を逮捕

他人名義のクレジットカード情報でインターネットの通信販売を利用し、高額のカメラを宅配便で送らせてだましとったとして、神奈川県警は専門学校生の楽皓然容疑者(27)=東京都葛飾区=ら中国人の男女3人を詐欺と建造物侵入の疑いで逮捕し、12日発表した。3人は詐欺の容疑を否認しているという。
国際捜査課によると、3人は昨年11月24日、都内の女性会社員(34)のクレジットカード情報を利用してデジタル一眼レフカメラ(約11万8千円)の購入を申し込み、女性の勤務先の会社を配達先に指定。2日後に時間指定で届いたカメラを、会社が入るマンションの入り口で受け取った疑いがある。カード情報の入手方法について引き続き調べている。
県警は、空き部屋で荷物を受け取ったとする建造物侵入容疑などで2014年9月~今年3月、中国人16人を逮捕しており、携帯電話の通話履歴から指示役の楽容疑者が浮上した。
2016年04月12日 朝日新聞

ネット通販を利用した窃盗グループの中国人の男逮捕

ネット通販を利用した窃盗グループの中国人の男が、警視庁に逮捕された。
埼玉県に住む中国人の王嘉偉容疑者(27)は、不正に入手したクレジットカード情報を使い、ネット通販で、およそ1万8000円のハードディスクを購入し、受け取り役のいるアパートの空き部屋に商品を送らせ、盗み取った組織犯罪処罰法違反などの疑いが持たれている。
王容疑者らは、同じ手口で50件以上の余罪があるとみられていて、王容疑者は調べに対し、「わたしが指示しました」と容疑を認めているという。
ネット通販を利用した窃盗グループに、組織犯罪処罰法違反が適用されたのは、警視庁では初めてのこと。
2016年04月08日 FNNニュース

空き部屋悪用する詐欺、ネット通販で急増 商品転売も

マンションなどの空き部屋を悪用した詐欺が、ネット通販で急増している。他人のクレジットカード情報を使って商品を注文し、空き部屋に配送させて受け取る手口だ。大手ネット通販は警戒を強めるが、なんでそんなに増えているのか。
東京都内の入居者募集中のアパートの一室。お客さんを案内した不動産管理会社の社員が、ドアのすき間に挟まった宅配便の不在票を見つけたのは昨年1月のことだ。見覚えのない宛名で、商品はネット通販で買った家電。宅配業者に連絡すると、その日の夕方に再配達すると教えてくれた。
そこで、再びアパートに行き、業者の後ろで様子をうかがった。すると、薄暗い玄関の中から、男2人が出てきた。
「あんた、誰だ!」
「ヘヤ、ミタダケ!」
もみ合いの末、片言の日本語の男らは商品も取らずに逃げ出した。だが、数日後に「また再配達の依頼があった」と宅配業者から連絡が。今度は刑事も連れて張り込むと、別の中国人の男が現れ、商品を受け取ったとして御用となった。
2016年02月19日 朝日新聞デジタル

店にクレーム、金品詐取容疑 名古屋、44歳男逮捕

うそのクレームを繰り返し飲食店から現金や食品をだまし取るなどしたとして名古屋・東署は4日、詐欺と詐欺未遂の疑いで名古屋市中村区栄生町、無職飯沢弘二容疑者(44)を逮捕した。
逮捕容疑では昨年9月5日、同市東区の日本料理店に電話で「持ち帰ったアジフライに髪の毛が入っていた」とうそをつき、現金3千円と冷凍じゃこなどを自宅に届けさせ、だまし取ったとされる。2カ月後、「送ってもらったじゃこを食べたらおなかが痛くなった」と電話。治療費などをだまし取ろうとしたとされる。
署によると、「電話はしたが金はもらっていない」と容疑を否認している。
2016年02月04日 中日新聞

空き部屋宛て不正購入品…楽天発送中止60億分

全国のマンションなどの空き部屋に、窃盗グループがインターネット通販で不正購入した商品を届けさせる手口が横行していることが分かった。
グループは、他人名義のクレジットカードで不正購入したことを隠すために空き部屋を利用していた。ネット通販大手の楽天が昨年、不正に気付いて発送を止めたケースだけで約8万件、総額約60億円に上る。業界全体で被害を防ぐことができたのは一部とみられ、警察当局は警戒を強めている。
楽天によると、複数の名義で「ロボット掃除機10個」「電気シェーバー220個」などと大量の商品を購入し、同じ場所に届けさせようとする不審な注文は、2011年頃から急増。同社が気付いて発送を止めた商品は今年1~9月だけで約7万件、総額約58億円に上り、昨年1年間の約60億円を超えるペースだという。
2015年11月07日 読売新聞

偽クレームで詐欺容疑の女「過去500回ほど成功」

ケーキに髪の毛が入っていたなどと電話でうそのクレームをつけ、現金や商品を詐取したとして兵庫県警に逮捕された住所不定、無職の小野谷知子容疑者(45)が「過去500回ほど成功した。現金や商品計61万円相当をだまし取った」と供述していることが18日までに分かった。
 県警伊丹署は同容疑者を詐欺容疑で再逮捕。同署によると、携帯電話の通話履歴などから7~9月、42都道府県の2千店以上に電話をかけていたことが新たに判明した。
 2013年に大阪市内のケーキ店で購入した際、髪の毛が入っているとクレームをつけたところ、レシートや現物を見せることなく店からおわびの商品をもらえたことがきっかけになったという。同容疑者は「甘いものが食べたかった」などと供述している。
2015年10月19日 日本経済新聞

長野の農場からジュース6900本詐取 詐欺容疑で「心優花」の実質経営者の韓国籍の男ら再逮捕

リンゴジュースなどの代金を支払わず、商品をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課は14日、詐欺容疑で住所不定、自称不動産仲介業、張東吉容疑者(74)=韓国籍=ら男2人を再逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。
再逮捕容疑は昨年2~4月、長野県の果物農場経営者からリンゴジュースと洋なしジュース計約6900本(720ミリリットル、計約570万円相当)を仕入れたのに代金を支払わず、だまし取ったとしている。
張容疑者は食料品販売会社「心優花(みゆか)」(大阪市中央区高津)の実質経営者として取引しており、6月に、福島県の業者からコメをだまし取ったとして同容疑で逮捕され、14日、詐欺罪で起訴された。
同課によると、心優花による詐欺被害は、28都府県の約100業者で総額約1億3800万円に上るとみられる。
2015年07月14日 信濃毎日新聞

福島県産米400袋を詐取容疑 大阪、3人逮捕

取引を装って福島県の農家から米をだまし取ったとして、大阪府警は23日、大阪市中央区日本橋2丁目の不動産仲介業、張東吉容疑者(74)=韓国籍=ら3人を詐欺容疑で逮捕し、発表した。府警は3人の認否を明らかにしていない。
捜査2課によると、張容疑者らは昨年4月、食品卸会社「心優花(みゆか)」の役員を名乗り、福島・会津地方の米農家の60代男性に「取引先が仕入れを急いでいる。代金は必ず払う」などとうそを言い、ひとめぼれの玄米400袋(360万円相当)を詐取した疑いがある。大阪府内の業者に玄米を約200万円で転売する一方、男性には「社員が金を持ち逃げした」などと言って代金の支払いを逃れていたという。
府警によると、福島や岩手など25都府県の水産、食肉業など80業者から総額約1億3千万円の同様の被害申告があるという。府警は、張容疑者らが東日本大震災後の風評被害で業績が落ち込んだ業者などを狙っていたとみている。
2015年06月24日 朝日新聞デジタル

ネットでウソの注文123回 業務妨害容疑で逮捕

ユニクロのインターネット通信販売でうその注文を繰り返したとして、山口県警山口南署は東京都品川区大井1丁目、自称システムアドバイザー矢野友子容疑者(44)を偽計業務妨害の疑いで逮捕したと、1日発表した。
発表などによると、矢野容疑者は、ユニクロを展開するファーストリテイリング(本社・山口市)のインターネット通販に、うその住所と名前を登録。昨年9月20日から4日間で、123回にわたってワンピースやスカートなど衣類計1377点を注文し、同社の業務を妨害した疑いがある。「うその注文をして結果的に業務を妨害したことは間違いない」と容疑を認めているという。
衣類はすべて同社に送り返されていたが、同社は包装や配送作業で計約22万円の損失が出たという。
2014年02月01日 朝日新聞社

詐欺の疑いで志賀の男逮捕

奈良県警は9日、柿の葉ずしを注文したのに代金を支払わなかったとして、詐欺の疑いで志賀町相神、無職森茂幸容疑者(55)を逮捕した。「支払いを猶予してもらっているつもりだった」と容疑を否認している。
逮捕容疑は昨年9月、代金を支払うつもりがないのに、自宅から奈良県吉野町の柿の葉ずし店にファクスで4箱(計1万円相当)注文し、だまし取った疑い。吉野署によると、店長(54)が何度も催促したが支払いがなく、同署に被害届を出した。
2013年01月10日 北國新聞

詐欺容疑者を逮捕

下田署は28日、詐欺の疑いで東伊豆町奈良本565、無職一野現一容疑者(55)を逮捕した。逮捕容疑は、2011年11月28日、自宅からインターネットを利用して焼津市内の会社のホームページにアクセスし、支払い能力も支払い意思もないのに、けずりぶしなど計17点(約1万円相当)を注文し、だまし取った疑い。一野容疑者は容疑を認めている。 2012年08月29日 静岡新聞

「注文と違う」返金で詐欺容疑=生鮮食品狙い、31歳男逮捕

注文とは異なる肉を買わされたと偽り、食肉店から現金をだまし取ったとして、愛知県警昭和署などは9日までに、詐欺の疑いで大阪市大正区泉尾、アルバイト佐藤淳容疑者(31)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。
同署によると、佐藤容疑者は返品が難しい生鮮食品に着目。昨年1月からの約10カ月間に、全国43都道府県の食肉店や鮮魚店に電話で同様の苦情を訴え、計約300万円をだまし取ったとみられる。
2012年02月09日 時事通信社

他人名義で通販、家人偽り商品回収…詐欺容疑で男逮捕

無関係の他人になりすまして通信販売を申し込み、商品をだまし取ったとして、大阪府警浪速署が、男を詐欺容疑で逮捕していたことがわかった。注文者の自宅付近で仲間を待機させて配達される商品を回収、ネットオークションで売りさばいていたという。大阪市内では同様の被害が数百件相次いでおり、同署は余罪を調べる。
捜査関係者によると、男はインターネットの通信販売サイトに他人名義で会員登録し、フェースマッサージ器などを 発注。指定した時間に注文者の住所に宅配業者が商品を届けに来るのを、仲間の70歳代の男が待機、注文者の家族を名乗って受け取っていたという。昨年12月、受け取り役の男が、待ち構えていた家で、住居侵入容疑で逮捕され、発覚した。
2011年01月28日 読売新聞

志賀のネット詐欺男に懲役1年6か月

インターネットなどでさまざまな商品を注文し、代金を踏み倒し、詐欺の罪に問われた志賀町の男に対し、金沢地裁は10日、懲役1年6か月の実刑判決を言い渡しました。
判決を受けたのは、志賀町相神の無職・森茂幸被告(52)です。起訴状などによりますと、森被告はおととし11月からの半年間、インターネットなどの通信販売で食品など748点を注文し、その代金、約89万円を踏み倒していました。金沢地裁は「定職につかず、商品を換金したり、自分で使うために犯行に及んだ」と指摘。「常習性は顕著で、模倣性が高い」として、懲役1年6か月の実刑判決を言い渡しました。なお、代金を踏み倒した会社やお店に対する被害弁償は、いまだになされていないと言うことです。
2009年08月10日 テレビ金沢

ネット通販で詐欺 男に懲役2年6か月求刑

インターネットなどの通信販売で商品を購入し、代金を踏み倒したとされる志賀町の男の裁判が21日開かれ、検察側は、懲役2年6か月を求刑しました。
詐欺の罪に問われているのは、志賀町相神の無職・森茂幸被告です。起訴状によりますと、森被告は2007年11月からの半年間、77回にわたってインターネットなどの通信販売で食品など748点を購入し、その代金約89万円を支払わなかったとされています。裁判で、検察側は「常習的で身勝手な犯行であり、規範意識の欠如が著しい」と述べ、懲役2年6か月を求刑しました。一方、弁護側は、森被告が商品をだまし取った66の業者に謝罪の手紙を送ったことを明らかにした上で「犯行は生活苦によるもの」と主張し、執行猶予付きの判決を求めました。判決は8月10日に言い渡されます。
2009年07月21日 テレビ金沢

ネット通販で健康商品詐取 容疑の女を逮捕

インターネット通販で代金を支払わずに商品をだまし取ったとして、警視庁赤坂署は12日、詐欺の疑いで横浜市中区扇町、主婦、上嶋悦子容疑者(37)を逮捕した。同署の調べに対し、上嶋容疑者は「商品が欲しかったが、金がなくてやった」と容疑を認めている。
同署の調べによると、上嶋容疑者は平成20年11月~21年1月、自宅のパソコンから健康関連商品のインターネット通販サイト「ケンコーコム」で約20回注文したが、代金計約44万円を支払わずに「ダイエットごはん」や「ぐっすりまくら」など約70点をだまし取った疑いがもたれている。
同署によると、上嶋容疑者は毎回偽名を使い、気に入らない商品はオークションサイトで転売していたという。電話番号やメールアドレスを何度も変更していたが、注文先のあて先は同じだった。
2009年05月14日 産経ニュース

偽名でニッセンのネット通販利用 詐取容疑で男逮捕

大手通販会社「ニッセン」のインターネット販売で、商品をだまし取ったとして警察は、きょうまでに福岡市の無職の男を逮捕しました。逮捕されたのは、福岡市東区の無職・大城広治容疑者です。
大城広治容疑者は、先月、携帯電話を使って大手通販会社「ニッセン」のオンラインショップで、ブランド品のキーホルダーなどを注文し、総額2万5千円分の商品をだまし取った疑いが持たれています。
警察によりますと大城広治容疑者は、偽名と架空の住所で会員登録したうえ、宅配業者の営業所に出向いて商品を受け取り、料金は後日、振込みで支払うシステムを利用していたということです。取り調べに対して大城広治容疑者は、「ヤミ金業者に数百万円の借金があり、返済のためにこの手口を教えられてやった」と容疑を認めているということです。警察は、被害総額が1000万円以上に上るとみて、余罪についても捜査を進めています。
2009年04月27日 産経msnニュース

代金未払い女逮捕 ネットでダイエット食品購入

インターネットで健康食品販売会社にダイエット食品を注文し、代金を支払わなかったとして、いわき中央署は27日午後5時10分ごろ、窃盗の疑いで福島県無職春香容疑者(22)を逮捕した。
調べでは、安斎容疑者は昨年4月下旬ごろ、自宅のパソコンを使いインターネットで長野市の健康食品販売会社にダイエット食品を注文、計3回にわたって商品12箱(販売価格約20万円)を配達させ、代金を支払わなかった疑い。
同社は安斎容疑者に対し督促状を送付したが支払いがなかったため7月上旬に刑事告訴した。安斎容疑者は偽名を使って商品を注文。商品はインターネットオークションで転売し、代金を生活費に充てていたという。安斎容疑者はインターネットオークションで複製DVDを販売したとして5月下旬、埼玉県警熊谷署に詐欺容疑で逮捕された。現在、公判中。
いわき中央署は余罪を調べている。
2007年08月28日 福島民報